2013年12月18日水曜日

リラックスタイムのおとも|お茶いろいろ

インドのお茶といえばマサラチャイ。
日本人の緑茶と同じくらいインド人はよくマサラチャイを飲む。
マサラチャイというのはマサラ(スパイス)が入ったチャイ(紅茶)のミルクティーのことだけど、
「チャイ」でもだいたいマサラチャイのことで通じる。

ちょっと仕事したらチャイ、みたいな感じでジュエリーの工房でも作業してる間に3~4回お茶ブレイクがある。
作業に没頭してて後で飲もう、と思ってると「冷めると美味しくないから今飲みなさい」みたいな感じで
結構しっかりお茶休みを取らされる。

商店街のおじさんもレジを売ったらチャイ、お金を受け取ったらチャイ、お釣りを渡したらチャイ、
商品を袋に入れたらチャイ。。。みたいなこともある。

日本でお客さんに緑茶を出すのとおなじ感覚でこっちでも大体お店とかでタダでチャイを出してくれる。
お店によって入れるスパイスが違うから味が違って面白い。
私は生姜が多めのチャイが好き。

そんな風に私は外でチャイを楽しむのだけれど、家ではあまり飲まない。
理由は砂糖をいっぱい使うチャイを飲み過ぎるのはよくないかな。と思うことと、こっちの牛乳は冷蔵庫に入れて24時間しか持たないので、一人で1パック飲みきれないから。

  緑茶
インドでも緑茶は結構人気。でも砂糖をいっぱい入れて飲むのがインド式。
それからインドの北部、カシミア地方の伝統のお茶「カヴァ」は緑茶にカルダモンやシナモン、
サフランを入れて作る。
日本の緑茶をベースにしても美味しく作れるのでオススメ。

 烏龍茶
中国の烏龍茶のほかにインドの烏龍茶というのも売っている。
インド料理も油を沢山使うので、体が油を吸収しにくいように、
飲む人が増えてるらしい。

 中国茶
レンガみたいに固めてある中国茶。
ワインみたいに熟成させて作るお茶は香りが深い。
それから何倍も抽出できるのが嬉しい。
中国の人は朝、ガラスの瓶にこのお茶をいれて、一日中持ち歩いてお湯を継ぎ足しながら飲むっていうのを
聞いたことがある。
私も家にこもって仕事するときにはそんなスタイル。

 紅茶
うまく入れられると美味しいけど私にとってはお湯の入れ方もミルクの分量も
難しいのがイギリスの紅茶!
イギリス人の友達は本当に入れるのがうまい。
ちなみに紅茶の入れ方(お湯の温度、量など)だけでなく
ビスケットの浸しかたもプロだったりする。
紅茶にビスケットを浸す、時間が短すぎても美味しくないし、ちょっと長いとビスケットが
崩れて紅茶の中に落ちてしまう。
ほんの数秒のテクニックみたいな感じ。

 ホワイトティー
ぬる~いお湯(室温くらい)で入れるホワイトティーは馴染むまで変な感じだったけど、
血圧のバランスを良くしたり、コレステロールを抑えるのにすごくいいらしい。

....でもやっぱり日本の緑茶が一番ホッとするかも....!


ガールズジャイプールのサイトはこちらからどうぞ → ♥ Girl's Jaipur ♥
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...